PowerEye

PowerEye

Regular price 409,738円 Sale 送料無料 - 税抜き

4~6週間以内で配送する予定です。

本体

重量(バッテリーとプロペラ含む) 3950g
軸距 650ミリ
サイズ  340ミリ 285ミリ 296ミリ(閉じる)
513ミリ 513ミリ 310ミリ(開く)
最大上昇速度  5m/s(Pモード、無風状態)
最大下降速度 2 m/s(Pモード、無風状態)
ホバリングの精確さ 垂直:0.1m(超音波高度範囲0.3-3.5m以内);1m;水平: 0.2(はっきりテクスチャーと適切な明度で光流有効の状態);1.5m
最大水平飛行速度  18 m/s(Pモード、無風状態)
通信周波数  2.4G
プロペラサイズ  15.5インチ
出力  440w(ホバリングモード)800w(最大)
飛行時間  約29.5分間
最大飛行姿勢 35度
最大飛行高度  4000m
環境温度  -10度-40度
GPSモード  GPS/GLONASS(北斗衛星定位系統)ダブルモード
耐風能力  ﹤5級

カメラ スタビライザー

上下調整範囲 0-90度
左右調整範囲 -180-+180
安定システム 3軸(上下、回転、左右)
コントロール精度 0.05度

スタンダードリモコン

環境温度 0-40° C
バッテリー 5000mAh LiPo 1S
電流値 120mA/3.7V
持続時間 35時間
充電時間 5時間

ビジュアルローカリゼーション

速度測定範囲 フライトスピードが4m/sより遅い(高さが2mで、日当たりがいい)
高度測定範囲 20ミリー350ミリ
使用環境 地面に豊富なテクスチャーがあり、照明条件が十分(﹥15lux、室内のランプが正常についている)

充電器

入力 AC90—264V
電源周波数 47/63Hz
出力1電圧: 充電電圧:25.5V±0.1V 充電電流が≦5A
出力2電圧: 5V±0.1V出力電流が合計で≦6A
温度 -10--+45℃
定格消費電力 138.5W

カメラ

映像センサー 4/3"CMOS感光チップ
レンズ Panasonic Lumix G 14mm F2.5 ASPH (標準構成)Olympus M.Zuiko 17mm f/1.8 Olympus M.Zuiko ED 14-42mm f/3.5-5.6 EZ (ズーム) Olympus M.Zuiko 25mm f1.8 Olympus M.Zuiko 45mm f1.8(レンズの交換を行う時、雲台が優れた適応性を持つため、アクセサリー交換なしで続けて撮影することができます。)
ISO範囲 100-1600(写真) 100-1600(映像)
シャッタースピード 8 ― 1/8000 s
画像解像度 4640x3480 (1600万画素数)
画像撮影モード 一枚撮影
連写(BURST): 3/5/7枚
オート露出補正(AEB): 3/5 枚
@0.7EV 露出補正
セルフタイマー
動画解像度 4K 4096x2160
UHD 3840x2160
メモリカード Micro-SDカード64gbの大容量メモリーカード、
伝送速度class10以上あるいは
uhs-1クラスのマイクロSDカードをサポートします
ビデオ記録ビットレート 60Mbps
記録方式 ファイル管理システム: FAT32/exFAT
画像データ形式: JPEG, DNG
映像データ形式: MP4,MOV (MPEG-4 AVC/H.264)
環境温度 -10-40度

画像/データ伝送(無線伝送装置)

電源周波数 空対地2.400 - 2.483 GHz
地対地5.725 GHz -5.875 GHz
最大伝送有効距離 最大5キロまで(当地の法律と環境による)、CE地域において,伝送距離は短くなる場合がある
環境温度 -10-40° C
電池 2300mAh LiPo 1S
出力電力 20dbm@CE,28dbm@FCC
電流/電圧 800mA/3.7V
持続時間 1.5時間
充電時間 3時間
遅延時間 300ms(モバイル設備による)

スマートフライトバッテリー

容量 9000mAH
電圧 22.2V
バッテリータイプ リチウムイオン
エネルギー効率 99.9WH×2
重量 1230g
環境温度 -10--+40℃
充電電流 ≦2c
  • PowerEye航空機
    PowerEye航空機
  • PowerEyeベースステーション
    PowerEyeベースステーション
  • PowerEyeスマートバッテリー
    PowerEyeスマートバッテリー
  • PowerEye充電器
    PowerEye充電器
  • PowerEyeリモコン
    PowerEyeリモコン x2
  • PowerEye Rolling Case
    PowerEye Rolling Case

[1]バッテリー持続時間は理想的な飛行状況の下で測定されましたので、実際の飛行環境や状況よって違います。
[2]FCC規則に干渉されません。